自分の覚悟

資格を取得する目的としては、これから先の将来を見据えて考えたものだと思います。学生であれば将来の夢があるから、それを叶えるために資格が必要だから取得する、社会人であれば今の仕事よりもっとやりたいことがあるから資格を取得する、子どもが大きくなったあと自分が仕事をするために資格を取得するなど、とにかく先を見据えての判断になります。その判断は、自分がやりたい仕事かどうか?もありますが生活をする上でどうなのか?自分には何が出来そうか?ということも入ってくると思います。例えば絶対になくならないであろうから医療関係の仕事がいい、といったことやこれから日本語を学ぶ人が増えるだろうという予想から日本語教師になるだとか、介護が必要とされているから介護職にしようといったことです。こういった判断から資格を取得して実際に働くということは、世の中のニーズも満たすし自分もお金を稼げるのでいいことだと思いますが、お金を稼ぐために自分がどこまで頑張ることが出来るかも加味して考えなければなりません。例えば看護師を目指す社会人も最近増えているそうですが、看護師というのは人の命に関わる仕事であり、また体力勝負でもあるので精神的にも肉体的にもタフでなければなりません。覚えることも多く常に学び続ける必要があるのでとても大変です。その代わり給料は高水準ですが、給料が高いからという理由だけで勤まる仕事ではありません。介護職もこれから先就職には困らなくなるでしょうが、きつい仕事に給料もあまり高くない仕事ではあります。結局最後に大事になるのは自分がどこにモチベーションを感じるか、ということになります。少なくとも安易な理由で資格取得を目指したり就職するのは誰のためにもならないことを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です