私は経験を活かした職探しをしています

私は大学時代、自由な時間は比較的多くありました。そのためアルバイト経験はおそらく人よりも多く、色々な職種を経験をしてきています。もちろん学生の間にお金を貯めておきたいという理由で多くのアルバイトをしていたのですが、就職活動となると、仕事をいろいろ経験していたことで求人募集を見てもどんな感じの仕事なのかというのがある程度予測もでき、ある程度はすぐでもいけるような感覚を持っています。何の経験もないままいきなり仕事をするよりは、今までアルバイト生活を繰り返してきたのは良かったのではないかとも思えています。
求人雑誌などで見かける求人募集の中には、アルバイトも正社員の募集も同じように、経験者優遇、経験者求む、のような文面をよく見かけます。もちろん会社としても、すぐに即戦力が入れば尚良し、といったところなのでしょう。私はいくつもの職業をアルバイトで経験してきたことで、何だか自分が有利な立場に立っているような感覚を覚えました。今はいくつか自分のやりたいことをピックアップし、その企業の面接や試験を受けに行く毎日を繰り返しています。ある程度はこの経験も考慮して入社試験や面接に査定してくれると尚良いかなぁとも思っています。
ただ、まさかこんなところで自分の経験がプラスに働くとはあまり考えていませんでした。今後、この就職活動が終わり、正社員として入社した際には、今までの経験を活かしていけるようしていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です