向上心を潰すのは人間です。

「同じ仕事をするなら人から笑われないよう、納得のいく仕事がしたい。」
これは、職業や格差社会とは関係なく、例え埃にまみれて働く土木作業員でも、心の根底にこの意識はあります。
しかし、常に向上心を持って前向きに生きている方は、そう多くはありません。
そして、その向上心をそぎとってしまうのもまた人間です。
特に、最近の格差社会では、必要を感じない作業や折角の向上心を持って仕事を仕上げたくても、周囲がそれを許してくれません。
医療業界も、医師を頂点とする縦社会の代表で、看護師がいくら患者の為に職場環境の改善を訴えても、医師の同意がなければ、周囲から仲間はずれにされてしまうことは目に見えています。
こう言った環境の中で、常に高い意識を保つことは非常に難しく、それを実行しようとしても、周囲からけむたがれて、向上心が常に評価されるとは限りません。
また、人はある程、地位や環境に恵まれてしまうと、強い刺激を伴う様々な誘惑に溺れて、自然と仕事への向上心がなくなってしまいます。
ある程度権力を持ち、その上仕事に何の愛着も感じない。
このような人達が上にいる限り、純粋に仕事に情熱を注ぐ人達は決して恵まれはしません。
その為、最近の社会は、全ての職業が責任感がなく、仕事を単なる収入の糧として働く人達が増えています。
しかし、趣味や道楽は、単なる気晴らしで、全てお金がかかります。
それよりも、仕事に情熱を持ち向上心を持って、常に知識や技術の向上を目指す方が、幸せだと感じます。

転職し、新たなやりがいをみつけるのもいいかもしれないですね⇒⇒www.careerchange-jp.com

Submit a Comment